借地権の法律

Pocket

私達は、いずれ不動産売買の法律としっかり向きあわなければならない時代が来るかもしれません。そのとき借地権という言葉の意味もしっかり理解しなければならないことになります。

それは他人の土地を借りる権利のことを言います。 そのような法律が判りづらいものとなっているのは新しい法律が更に作られてそれと区別をしなければならないこともあげることが出来ます。

この法律も例外ではなく、1992年8月1日には新しい法律が誕生してそれ以前のものと区別されることになります。1992年8月1日以前存在していた法律の特徴は、期間満了後において、貸主に正当な事由がない限りは、貸主は更新を拒絶することができないという問題を抱えていたり、建替えの際、貸主は延滞なく異議を述べることが出来ない限りは契約を解除することができない問題を抱えていたりします。建替えにより契約期間が延長され、堅固建物で30年、非堅固建物で20年です。

いわば、1992年8月1日以前存在していた法律は、借り主が強く守られていた法律と理解することが出来ます。更新時に貸主の正当事由が実際に認められればいい訳ですが、そのようなケースはほとんど過去の事例でなかったと言います。

そして1992年8月1日以前の法律があり、新しい法律が誕生することになります。それは以前の法律が借り主優先の法律として捉えることが出来るなら、いささか貸し主有利になった法律として捉えることが出来ます。更に続けます。